心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります!

menu

菜の花ブログ

今できる事を、今できるうちに

一時は収まるかに見えたコロナの感染が、また広がってきていますね。本当に油断がならない相手です。

せっかく我慢していたことを再開しようと思った矢先なのに、そう思った方々も多いことと思います。私も、また新宿に買い物に行こうと思っていたのですが、残念ですが、もうしばらく様子を見ることにしました。

やりたい事が出来ない、どうやって過ごしたら良いか分からない、こんな時は、どうしたら良いのでしょうか?

いつもながら、こんな時の過ごし方は、セラピーを受けて下さる方々の無意識さんが、とても良い事を教えて下さいます。 そしてそれは、コロナの時代でなくても、いつの時代でも大切なメッセージでもあります。

それは「今できることを、今できるうちに」です。

今、目の前にある事に、無心に取り組む、当たり前のようですが、なかなか出来ない事でもあります。

例えば、「せっかく家にいるのだから、普段はできない事をしよう」と、よく言われますが、普段出来ないことが沢山ありすぎて、どれから手をつけていいか分からなくなる事もあるでしょう。

何かしたいことが浮かんだとしても、「もっと良い事があるのでは?」とか、「そんなことをしたら無責任だと思われるのでは?」とか、「それをして、何になる?」とか、 ブレーキがかかるように色々な考えが浮かんで、結局なにもしないまま時間ばかり経ってしまったり、 「自分は何もできないんだ」と、自分を責めてしまったり、それでは元も子もありませんね。

それなら、とりあえず「今、ここで出来ることをやってみる」これが一番お勧めです。例えばそれが「好きなお茶を飲む」でも良いのです。同じ時間を過ごすなら、イライラしているより、好きなお茶を飲んでリラックスした方が、心と体にずっと良いですものね。

そして、そのようにリラックスしている時こそ、「今、何をしたら良いのか」の答えが見つかる、最高の時間です。

私たちが行動に移せるのは「今、目の前にある事に対してだけ」なのです。コロナに感染する心配について言えば、今とにかくできることは、とりあえず「手を洗い、マスクをつけ、三密を避ける」事ですね。

「今できることを、今できるうちに」これをストレスなく出来る自分になりましょう。そうなれれば、コロナの時代を生きる事にも意味があるでしょう。催眠療法は 「今できることを、今できる」 自分になるために、とてもお役に立ちます。

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)