心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります!

menu

菜の花ブログ

うつになるのは、力があるから

一見とても弱々しく見えるうつ病、またはうつ状態の方々とお話ししていると、実は以前は大変行動力があって、普通の人々以上に仕事をこなし、活躍していた方々ばかりなのに驚きます。

でも、そのような方々がなぜうつ病になってしまうのでしょうか?それは、フルパワーで活躍して、体力と気力のエネルギーが切れてしまったのに、なお頑張った結果、とうとう動けなくなったのです。

人間のパワーには限界があります。どんなにパワフルで行動力があっても、限界を超えて活動する事はできません。通常であれば限界が来る前に「これ以上働くと大変なので、少し休もう」と、意識的・無意識的にブレーキがかかるのですが、うつになる方々は「まだまだ休んではいけない。もっと頑張らなくてはいけない」と感じて、休む事ができません。

それは子供の頃に、その子には合わない頑張りをさせられた時のようです。「~ちゃんはできるのに、どうしてあなたはできないの?」と言われて、頑張らない自分はダメと思ってしまったり、あるいはとても寂しい思いをしているのに、親が気がついてくれず、一人で頑張って耐えなければいけなかった時のようです。

大人になれば、もっと自由にして良いのですが、無意識の奥にその頑張りが残っていて、そこまで頑張らなくて良い時でも、自分ではそれが普通と感じてブレーキをかけなかったり、あるいは休む事が怖くなる事もあります。

でも、今は怖がる必要はありません。その時の子供の自分を、大人の自分が味方となり、手助けしてあげる事で、そこまで頑張らなくても誰にもしかられないし、休んでも大丈夫、と思えるようになります。

うつになる方々の持つパワーと行動力は、その力を適切に、大切に使えば、普通以上の活躍をすることができます。ですから、どうぞ限界になる前に休むことを、ご自身に許してあげて下さいね。

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)