心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります!

menu

菜の花ブログ

菜の花セラピー体験談 (35才・女性)
永井先生のもとにセラピーへ通わせていただくようになって、半年あまりになります。とても安心してセラピーを受けさせていただいています。
私が永井先生のところに通うことにしたのは、親の被保護下から卒業して自分を頼りにして行動していくことに不安が多く、自信をもって自分を頼りにすることができないという、自分の弱点を克服したかったからです。これまでの私は、うまく自立ができない自分に苛立ちを感じ、無理矢理物理的に親から離れることを何度も試みてきましたが、体だけ親から離れても、内面的な自立ができないために困難のある生活を送っていました。自分を安定させることができずに不安を感じて自分を追いつめたり、自信を見失ってしまったり、焦燥感から頑張り過ぎて体調を崩したり、人や物など様々な事柄に依存的な日々を送っていました。他者との信頼関係を育むことも難しくなりがちで、しばしば孤独を感じていました。そんな未熟な自分を責めたり、恥じる気持を抱えていました。その背景には、家族愛を枯渇する切なる想いと、家族への憎悪の念とが激しく衝突する私自身の内なる葛藤の繰り返しがありました。
永井さんは私の話を常にとても丁寧に、こぼすところなく聴いてくださいます。私が自尊心を見失わないように配慮しながら接してくださるので、私はいつも安心して、どんな小さなことでも、気になることは全て打ち明けることができています。そして、一度にたくさんのことではなく、私が話す膨大な内容のなかから適量をピックアップし、適切なプロのテクニックをつかって、ステップを踏みながら問題解消に取り組んでくださいます。その積み重ねによって私の日常には、ゆっくり少しずつですが、確実な変化があらわれてきています。
それは例えば、おいつめられないと、頭でやらねばならないとわかっていてもどうしても手が出せず、いつも焦燥感とともにしか大切なことをやりとげられなかった性質の変化などです。永井先生に相談してから、焦らず、少しずつやるべきことに手をだしながら、締め切りにとらわれすぎることなく物事を順序立ててすすめていくことができるようになりました。こういうことは、頭で分かってても、体がどうにも動かないというような、体と心が二分されるような厄介な事柄で、自分ではどうにもできないことで困っていました。その状態が改善されたことはとても大きな変化でした。おかげで、日常生活での支障が改善されました。
また、セラピーでは、今の私が自覚している問題点ではなく私の無自覚な部分、私の中に隠されている未解決の感情についても、私に負担の少ない形でそれらを表面化させて癒しへと導いていただいています。私は永井先生のセラピーが、はじめてのセラピー体験ではありません。以前にも何人か他の先生のもとへ通ったことがあります。そこでは、私の無意識が引き金になっている問題点を見抜いてもらうことはできましたが、そのやり方が強引すぎたために、かえって抵抗が生じたり、より不安定になったり、体調がひどく崩れたりしてとても不快な経験をしました。隠している傷口を暴き、そこに塩やわさびを塗るような荒療治でした。見抜かれるだけでなんの解決にも繋がらないでお金だけがかかるという痛い経験もしました。けれども、永井先生のセラピーは、違いました。永井先生は決して無理強いをしないのです。あくまでも、私の中の未解決感情が自然に浮かび上がって来た時に、それに対応してくださいます。またそうなるように、自然な形で導いてくださるので安心です。
永井先生のルームで私が特に気に入っているのは、これは、私は魔法の椅子と思っているのですが、びっくりするくらい心が緩みほっとする1人掛け椅子です。そこに座り、モフモフした気持のよい毛布をかけていただいて目を閉じ、永井先生のとてもリラックスできる優しい声に誘導されると、私の中にある自己治癒力が目覚め、今一番必要で確実な私を支えるための内なる心の声に出会うことができます。それは、自分の魂とお話する電話をつないでもらうような感じです。自分の魂の声によって私は、これまで忘れかけていた自分本来の健やかさ、自分の中に秘められた生命力を、再び取り戻すことができつつあります。
こうした時間を積み重ねて、私は、じっくり無理のない形で、自分の未来を生きて行く力を養うことができてきていると感じています。まだあと一息、両親や兄弟との関係、自分への信頼を確かなものにするために、もう1〜2ヶ月程お世話になるつもりですが、とても安心しています。そうした時間を自分に投資することができて、私の人生には辛いこともたくさんあったけれど、結果として今、私はそれなりに幸せなのだと感じています。心の自立や巣立ちが普通の人より遅れているのは悲しいことですが、でも、そのかわりに周り道に拾いものがあること、そして、まだ全然間にあうこと、途上である今の中にも楽しいことがあること、そんな発見ができるようになってこれて良かったなあと思います。自分の心と向き合ったり、自分を知って行くことは、簡単なことではないと感じます。気がつきたくなかったことを気がついたために傷つくこともたくさんあります。けれども、適切なサポートを受けることができれば、人は自分自身の力で、痛みを最小限に食い止めながら、生きる力を健やかなものに戻していけることが信じられるようになってきました。セラピールーム菜の花の永井先生と、人生の大切なタイミングで巡り会えて本当によかったです。そして、永井先生が毎回いれてくださるお茶とお菓子がとても美味しいです。

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)