心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります![調布市・府中・三鷹・吉祥寺・世田谷・稲城]

menu

催眠療法(ヒプノセラピー)のセラピールーム菜の花[調布市]

NLP (神経言語プログラミング)とは、私たちの五感をフルに活用する、新しい心理学です。

無意識の力を、短時間で効果的に発揮するためのテクニック集で、菜の花のセラピーでは、催眠療法の次によく使っています。

NLPは、1970年代に、カリフォルニア大学・言語学助教授のジョン・グリンダーと、同じ大学の学生であったリチャード・バンドラーが、3人の卓越した療法家(催眠療法のミルトン・エリクソン、家族療法のヴァージニア・サティア、ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ)の方法をモデリングしたのが始まりです。

3人の療法家は、それぞれ異なった手法を使っていたにもかかわらず、とてもよく似た言語・非言語のパターンを使っていました。そのパターンを洗練し、簡単に誰にでも応用できるように明示化したのがNLPの始まりです。

NLPの3つの特徴

1、コミュニケーション心理学です。
自分と他人、そして自分とのコミュニケーション力を高めます。
2、実用心理学です。
効果が出るのが早いです。
3、コンテントフリーです。
内容に関係がないので、応用範囲がとても広いです。
このように、しっかりと結果を出せるNLPは、その効果の高さから、今ではビジネスやスポーツ、芸術、教育など、世界中の様々な分野で広く応用されています。

NLPは、エリクソンの催眠の技法から生まれているので、催眠療法と相性がよく、「催眠のショートカット」あるいは「催眠の進化形」とも言われています。さらに催眠療法に比べ時間もかからず、催眠状態になりにくい方にも使えるという利点があります。

NLPを体験してみましょう

NLPの良さは実際に体験して初めて分かります。菜の花では、NLPプラクティショナーコースと体験会を開いていますので、どうぞご参加下さい。

「NLP体験会」: 2ヶ月に1回
定員6人。毎回NLPのワークから1つを選び、体験して頂きます。調布駅から徒歩3分の「調布市文化会館たづくり」での開催です。

「NLPプラクティショナーコース」: 全11回
定員1~2人。質問の時間も充分に取っていますので、納得するまで学んで頂けます。セラピールームでの開催です。

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)