心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります![調布市・府中・三鷹・吉祥寺・世田谷・稲城]

menu

催眠療法(ヒプノセラピー)のセラピールーム菜の花[調布市]

Q:だれでも催眠状態になれますか?
A:はい、催眠状態というのは、だれでも普通に体験しています。たとえばお風呂に入っている時や、映画やドラマを見ている時、電車に乗って本を読んでいる時(駅が過ぎたのに気がつかない時)などは、軽い催眠状態にあるのです。ですから、普通の生活を送っておられる方で、催眠状態にならない方はいません。

Q:催眠状態とは、どんな感じですか?
A:特に変わった感じはしませんが、いつもよりリラックスしている感じです。そしていつもよりイメージが湧きやすくなります。でも意識は最初から最後まではっきりしているので、何があったかは覚えていられます。深い催眠に入られた時でも、催眠にかかった気がしないとおっしゃる方はめずらしくありません。催眠は全身のリラクゼーションにもなるので、自律神経系や免疫系のバランスが取れ、冷え症が改善したり、肩が軽くなったりする方も多いです。

Q:うまくイメージできるかどうか不安です。
A:イメージする力は、誰でも持っています。たとえば好きな花を思い浮かべたり、好きな音楽を想像したり、暖かな春の風をイメージしたり。また過去を思い出したり、未来を想像できるのもイメージの力があるからです。ただ、どのようにイメージの世界を体験できるかは、その方の個性が違うように、みんな違っています。そして、どんな体験でもOKなのです。

Q:どんな事を話せばいいか分かりません。
A:最初は何からお話されても大丈夫です。順序立てる必要もありませんし、ただ心に浮かんだことをお話し下さるので大丈夫です。今まで誰にも話したことのないようなお話も、よかったらどうぞお聞かせ下さい。どんなお話でも、その方の心にしまわれていた大切なお話として聞かせて頂きます。

Q:催眠は怖い気がします。
A:テレビの催眠ショーを見ると、催眠療法は怪しい気がしますね。でもセラピーのための催眠は、内容が全く違います。実際の催眠療法は、リラクゼーション椅子に座って目を閉じている人と、近くで椅子に座っている人が、静かに会話しているようにしか見えないでしょう。催眠療法は、アメリカやイギリスでは、保険を使って医師が治療に使うことができますが、それほど安全で有効な療法です。

Q:催眠療法を受けた事がありますが、スッキリした感じがしませんでした。
A:一口に催眠療法と言っても、セラピストによって実に様々なやり方があります。大きく分けて「無意識を操作する」やり方と「無意識を大切にする」やり方がありますが、「無意識を操作する」やり方ですと、意識的なゴールにしか行きつけません。菜の花では「無意識を大切にする」やり方を取っていますので、皆さまとてもすっきりとした感覚を持って頂けます。

Q:どんな時にセラピーを受けたらいいでしょうか?
A:体の病気でも、自分で治せる場合と、病院で治療してもらう場合がありますが、それと同じように、自分だけでは解決が難しいと思われる場合に、どうぞおいで下さい。特に次のような方は、ぜひご相談ください。
・自己否定感や罪悪感が強い。
・感情のコントロールが難しい。
・子供の頃の記憶がない。思い出せる記憶が少ない。
・本を読んだりワークをすると、心が不安定になったり、体調が悪くなる。

Q:どれくらいの回数がかかりますか?
A:初めて催眠療法を受ける方を含め、ほとんどの方が、1~3回のセッションで終了されます。

Q:セラピーを受ける間隔はどれくらいですか?
A:1週間~2週間の間隔で見える方が多いです。とても辛い方や、早く楽になりたい方は、もっと短い間隔でも大丈夫です。遠方の方でしたら、1日に2コマ(午前と午後など)受けて頂く事も可能です。

Q:催眠中に寝てしまう事はありますか?
A:リラクゼーション椅子に座って頂きますので「眠ってしまいそう」とおっしゃる方も多いのですが、ほとんどの方は眠りません。催眠中に眠られる方は、思っている以上に疲れておられる方です。ですから、まずはそのままお疲れを取って頂き、その後に通常の催眠を体験して頂いています。

Q:他の療法と並行して受ける事はできますか?
A:はい、お客様が受けたいと思われるのなら、どのような心理療法やカウンセリングと併用されても結構です。

Q:セラピー中に、付き添いとして身内や知人に同室してもらう事はできますか?
A:申し訳ありませんが、セラピー中は付き添いの方に同室して頂く事はできません。お客様ご自身にも分からなかったお心が現れる事もありますので、安全のためにお一人で受けて頂いております。ご来室時と終了後に付き添って頂く事は大丈夫です。

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)