心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります!

menu

菜の花ブログ

大人の心、子供の心

a0960_008663

家族や仕事上の人間関係で、相手の態度が悪かった時、「こんな事で怒るのは、大人らしくない」と諦めたり、我慢してしまう事はありませんか?

大人なのに、子供っぽい考えや振る舞いをするのは「大人げない」とか「恥ずかしい事」と思うかもしれませんね。

子供の時の心は、大人になったら手放さなくてはいけないのでしょうか?

いいえ、そんな事はありません。無邪気で素直な「子供の心」は、生まれた時から一生の間、私たちと共にある心です。感情が豊かで生きる力にあふれ、アイデアや直感に恵まれた自由な心は、生きる喜びを感じるための、大切な心です。

でも、それとは別に、私たちは成長するに従って、客観的で理性的な、良識ある「大人の心」も育てていきます。

このような「大人の心」は、回りの環境や人間関係を認識し、過去から学び、未来の計画を立て、冷静な判断力を持ち、忍耐強く努力できるので、複雑な社会を安全に生きるために欠かせません。「大人の心」は、いわば「子供の心」の守り役でもあるのです。

ところで、私たちの様々な悩みの根底には、ほぼ「心の対立」があります。例えば「休みたい」のに「仕事をしなくてはいけない」と思ってしまう時のように、休んでも仕事をしても、もう片方が足を引っ張ってくるような時です。

このような対立には、実に様々なバリエーションがあるのですが、すこしずつ原因を探っていくと、それは多くは「理性・思考」と「感覚・直感」の対立として理解されます。それは、まるで「大人の心」と「子供の心」の対立のようです。

この2つは、どちらも私たちに必要な、大切な心です。催眠療法は2つの心の対立を解き、それぞれの能力と特徴を生かして「理性的な思考と行動によって、自分だけの感覚や直感を生かし、生きる喜びをもって、幸せな毎日を送れる自分」になれるよう、サポートする事ができます。

(メルマガコラムより)

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)