心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります!

menu

菜の花ブログ

「考える力」と「幸せを感じる力」

a1400_000577

私たちが「幸せになりたい」と思う時、「どうすれば良いかな?」「何が足りないかな?」と、まずは考えますね。そして、考えた事を行動に移し、足りない物を手に入れ、その結果幸せになれたら、それこそとても幸せな事ですね。

でも、現実にはそうはうまく行かない事も多いです。必要と思う物を、どうしても手に入れられなかったり、何かを手に入れても、何だか物足りない気分になった時、私たちは「何が悪かったのか・どうしたら良いか」と、さらに考えを巡らしますね。

それでも、やはりうまく行かない時、どうしたら良いのでしょう。もっともっと考えてしまうでしょうか?

残念ながら、考え続けるだけでは幸せになる事はできません。それは「考える」事と「幸せを感じる」事は、別の世界にあるからです。

たとえば温泉にゆっくり浸かっていると、何だか幸せな気分になりますね。問題を解決したわけでも、何かを手に入れたわけでもないのに、幸せな気分になれるのは、考えた結果ではありません。

「考え」は頭で行う作業ですが、「幸せ」は、体で(五感で)感じる事だからです。考えれば考えるほど、幸せの感覚からは遠ざかってしまうのです。

では、考えるのは良くない事なのでしょうか?いいえ、色々と考える事で、私たちは危険を回避したり、文明を発展させる事が出来ました。

あるクライアントさんが「考えなければ良いと言われるが、考えてきたからここまで来た」そうおっしゃっていました。

そうなのです。

「考える力」と「幸せになる力」は、対立しているように見えて、実はお互いに補い合っています。それが私たち人間の力です。

幸せを感じているだけでは、危険に出くわした時、回避する事が難しくなりますし、考えを巡らしているだけでは、いつまでたっても幸せを感じる事ができません。

幸せでいるために必要な考えを巡らしながら、しっかりと幸せも感じる、そんな暮らしをしたいものです。

(メルマガコラムより)

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)