心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります!

menu

菜の花ブログ

前世療法で天職に出会う

a0960_005798

前世療法は、今世の使命や目的を知るだけでなく、天職をみつける事もできます。

M美さんは30代。事務の仕事をされています。仕事はいやではないけれど、何か違うと感じていました。でもどんな仕事が自分に向いているのか見当がつきません。このままでは終われない、もっと自分に合った天職をみつけたい、天職についている前世を知りたいと、来室されました。

前世のM美さんは、サラという女の子でした。明るく素直でいつも笑っているサラは、優しい両親と兄弟と、美しい自然に囲まれた家でのびのびと幸せに暮らしています。

10代では、図書館で本を読んでいました。本を読むのが大好きで、図書館で色々なジャンルの本を読んで過ごしていました。

20代になると、サラは学校の先生になっていました。先生になったきっかけは、友人に勧められた事。特にやりたいと思ったわけではないので、少し迷ったけれど、本を読んで得た知識を子供たちに教える事ができると思い、やってみる気になりました。

実際に始めてみると、サラの話を聞いてくれる子供たちの目がキラキラと輝いて、その様子を見ると、とてもやりがいを感じます。子供たちが帰った後、広い教室で、次の授業の参考になる本を読んでいる時も、とても充実感を感じます。

60代になっても、サラは先生を続けていました。でも子供たちではなく、サラの経験を学びたいと願う人々に話をしていました。そして80代で、満たされた気持ちのまま、静かに人生を終わりました。

幸せな教師であったサラが、今世でM美さんとして生まれ変わる目的は、自分の知識を教える事、そして人の良い所を見つける事でした。それはサラが行った事でしたが、M美さんにも引き継がれたのでした。

それが分かったM美さんは、とても納得されていました。今まで漠然と思ってはいたけれど、知識も経験もないので、とても天職と思えなかったのだそうです。

催眠の中では、さらに未来の幸せな自分に会う事ができます。未来のM美さんに会いに行くと、M美さんはご自分のオフィスを持ち、ファッション関係のスクールを運営して、とても生き生きと充実した毎日を送っていました。

未来のM美さんとして感じた充実感は、M美さんが求めていたものでした。その充実感を、今のM美さんとしてしっかり感じて頂き、催眠から戻って頂きました。M美さんは「これから学校に行って、その仕事のための勉強をします」と、自信を持って話して下さいました。

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)