心理療法・催眠療法・カウンセリング:あなたの心を軽くする方法あります!

menu

菜の花ブログ

7月22、23日は、近くにある「調布銀座通り」の夏祭りでした。駅前からは少し遠い、昔ながらの商店街なのですが、毎年この時期に、夕方から夜にかけて夏祭りをやっていて、金魚すくいのお店や焼鳥屋さん、生ビールのお店など、ちょっとした出店が並びます。
今年は、NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の舞台が調布とあって、水木しげるさんのマンガをパネルにして、駅の周辺に飾ってあるのですが、調布銀座にも何枚か飾ってあります。すずらん商店街のモデルかも?と思われるようなお店もあって、ちょっと楽しいです。
割と小規模な夏祭りですが、夜の30分だけ、サンバカーニバルが出演します。かなりのド迫力で、セラピールームにまで太鼓やホイッスルのにぎやかな音が聞こえてきます。
去年は、うっかりその時間のご予約を受けてしまい、お客様が催眠中に、突然大音響が始まりました!でも、催眠はすごいですね。お客様の様子に変化がなかったので、私もそのまま続けて、無事にセラピーは終わりました。
催眠は1時間以上かかるので、終わる頃にはすっかり静かになっていましたが、後で伺ってみても「全く気にならなかった」との事。改めて催眠の力を再確認しました。
でも、さすがに今年は、その時間はお休みにしましたよ。そして、一人で見に行ってみました。サンバを見るのは初めてだったので、興味津々。そしたら、かなり本格なチームで、びっくりしました。
テレビや写真で見るようなコスチュームの、10人近い踊り子さんたちが、楽しそうにステップを踏んで、その後から、20人以上いたような気がしますが、カネや太鼓やホイッスルを鳴らした打楽器隊が、これもにぎやかに、狭い商店街に並んでいる私たちの目の前を、文字通り練り歩いていきました。
踊り子さんが横を向くと、背中の羽が、反対側で見ている人たちに触れそうなくらいです。踊り子さんは小学生の男の子たちとハイタッチをしたり、とてもほほえましくて、「この身近な感じは、にぎやかな盆踊り?」と思いました。
本格的なコスチュームなので、目のやり場に困る時もありましたが、でも、元気いっぱい堂々とステップを踏んでいくのは、さすがです。こちらも沢山元気をもらった気がしました。
24日は調布の花火大会で、こちらはかなり遠くからも沢山の方々が見えて、夕方の調布駅の周りは、お店はどこも人で一杯。歩道にも沢山の人々がいて、いつもとは違う街のようです。
お祭りはいいですね。今年は異常な暑さが続いていますが、おかげで何とか乗り切れそうな気がします。

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【お問い合わせ】
お気軽にお問合せ下さい
Mail:info@nanohanaroom.jp
電話:090-1738-7527

【所在地】
東京都調布市小島町1-15-3
メゾンシェーヌ103号室
京王線調布駅から徒歩3分

【開室日・時間】
午前10:00~午後9:00
(土日祭日も開室しています)